MENU
スポンサーリンク

【丸い氷】カインズのアイスボールメーカーってどんな感じ?特長・欠点を解説

※当ブログはプロモーションを含みます。

この記事は次の人向け
  • 最近流行りの丸い氷が作れる容器が気になる人
  • 暑い夏に向け、大きな氷を家で使いたいと考えている人



たたもんです。こんにちは! 

これから夏に向け氷は超必須の時期へ。

最近「丸い氷」が作れる容器の種類がとても多く出てきており、人気があるんだなあ~…と実感。



コップに入れて見た感じも映える気もしますね。

そこで今回、カインズのアイスボールメーカーを購入し、実際に丸い氷を作ってみました。

作っていく過程でどんな事を感じたのか、特徴や欠点などを解説していきます。

たたもん

暑い夏に向けた癒しの一つとして参考にしてみてください

目次

カインズのアイスボールメーカーは同時に2個作る事ができる


カインズのアイスボールメーカーは同時に2個まで作る事が可能な容器となっております。

丸い氷のサイズ=直径約6㎝

6㎝と言うのは他のアイスボールメーカーでもよく聞くサイズなので、氷の大きさには特別差があるわけでは無さそうです。


蓋を外すとこんな感じになっております。

たたもん

白い部分がある方(トレー)へ水を入れます


水を入れ後ゆっくり蓋を閉め、あとは冷凍庫で凍らせます。

丸い氷の作り方

たたもん

作り方はとても簡単ですよ

STEP

まずトレーに水を入れます。



説明書には「9分目まで入れる」と記載がありますが、それほど多く必要としておりません。

たたもん

蓋をした時に水が溢れる程度でOK

STEP

蓋をしますが、この時、

ゆっくりと上から押して蓋をしていきます。


ここでトレーに入れた水が多いと中央部の穴から水が溢れてきますが、隙間がないようにしっかりと最後まで蓋をしていきます。

たたもん

蓋は水が溢れても大丈夫な作りになっております

STEP

溢れた水は蓋の上部に溜まる仕組みです。

たたもん

あとは蓋の上部に溜まった水を捨てるだけ

STEP

冷凍庫に入れて凍るまでしばらく待ちましょう。

アイスボールメーカーの特長・欠点

特長欠点
2個同時に作れる
(直径約6㎝)

溢れた水は蓋に溜まる
押すと氷が取れる仕組み
蓋を強く推すと水が飛ぶ
氷がトレーにくっ付く恐れ
作るまでの時間が長い

特徴

2個同時に作れる

一人の場合、一日に何個も氷を使う場合はそんなに無いかもしれませんが、1個使ってしまっても予備が一つ出来上がることになります。

この丸い氷は(欠点でも説明しますが)出来上がるまでの時間が長いので、2個同時に作れるのはお得感があります。

もちろん作り溜めしておいてもいいでしょう。

また恋人や夫婦など、2人で丸い氷を使う場合などでも便利だと感じました。

溢れた水は蓋の上に溜まる

先ほど説明した通り、氷を作る最中に溢れた水がこぼれない様になっている仕組みが好印象。

たたもん

最初見た時、この容器は変な形をしているなあ…と思っておりました


ちゃんと蓋の形にも意味があったんですね。

使ってみて初めて分かりました。

押すと氷が取れる仕組み

簡単だと思ったポイントの一つはココ。


トレーの後ろ側の白い部分があります。

氷が出来上がった時は、ここを押す事で氷を取りやすくなっております。

たたもん

白い部分は透明部分と違って柔らかい素材なので押しやすいです


非常に使いやすいと感じました。

欠点

蓋に力を入れすぎると水が飛ぶ

トレーに水を入れてから蓋をする時に強くふたをしてしまうと中央部分の穴から水が飛びます。

ちょっと試しに遊び半分で押してみると、蓋にではなく場外まで水が跳ねました(汗)

たたもん

蓋を閉める時はゆっくりと!

氷がトレー側にくっ付く恐れ


運なのか、それとも他に原因があるのか…

凍った後に蓋を取ろうとすると、なぜか蓋側ではなくトレー側に氷がくっ付いてしまう問題が発生。


この場合は、

  • 一度蓋をする
  • 硬い場所でコンコンと叩く

こうすることでくっ付いた氷が取れると思います。

また出来上がった後、蓋を取る時に何かコツがあるかもしれないと思い、蓋の上から水を入れてみると…

たたもん

くっ付かずに取れました

出来上がりの氷を取る場合は、少し容器を解かしておけば氷が取りやすくなるかもしれません。

氷ができるまでの時間が長い

普通の氷と比較すると、この丸い氷は圧倒的に出来上がる時間が長いです。

6㎝のサイズと言うとても大きな氷なので当然凍るまでの時間が長いのは仕方が無いでしょう。

よって作り忘れは致命的になります。

ちなみに…

たたもん

5時間ほど冷凍庫に入れても氷の内部はまだ完全に凍っておりませんでした

見えづらいですが、氷の中で空気が動いているのでまだ完全には凍っておりません。


と言ってもこのくらいであれば使っても問題はないと思います。

また、夏場の暑さで氷に依存してしまう場合は日頃から作り溜めしておきましょう。

最後に


今回、カインズのアイスボールメーカーを使って丸い氷を作っていく中で感じた特長・欠点について解説させていただきました。

アイスボールメーカーは前々から欲しかったので購入できて良かったです。



利用方法は夜にお酒を飲む場合や時間をかけゆっくりと冷たい物を飲む場合もいいですが、個人的には水筒に1個入れて持ち運びたいと考えております。

夏場の外出は冷えた飲み物が喉を潤しますからね。

たたもん

丸い氷は大きいので、しばらく解けずに冷たさをキープしてくれます



今回カインズから購入した商品はこちらです。

ホームプラザナフコ楽天市場店
¥438 (2023/05/19 21:29時点 | 楽天市場調べ)


…が、もし6㎝が大きいと感じる人もいるでしょう。

その場合はもう少しサイズが小さい氷が作れるアイスボールメーカーもあります。

➡︎Amazon Joyoldelf 4個大ボール製氷器2個セット 直径4.5cm
➡︎Amazon HONYAO アイスボールメーカー 直径5cm



他にはさらにもっと小さい丸い氷を作れるアイスボールメーカーもあります。

ただ、それを使うと今まで使っていた氷とさほど変化が感じられそうも無いので、個人的には大きい氷をオススメしたいと思います。

たたもん

いつもと違った気分にしたい時でも丸い氷はおススメですよ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
いつも応援ありがとうございます!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代既婚男。子供無しの夫婦2人+ワンコと仲良くのほほん田舎暮らし。そのせいか夫婦共によく都心へ行って田舎には無い刺激を求めております。

人見知り・不安症のせいか最初の一歩が出しづらい性格。一人の空間・夜景・ワンコ・ラーメン好き。

経験をもとに一人暮らし初心者向けおすすめ情報を発信中。一人暮らしの不安を少しでも解消させていくためのブログです。

コメント

コメントする

目次