MENU
スポンサーリンク

Anker 622 Magnetic Battery|マグネット式モバイルバッテリーをレビュー

※当ブログはプロモーションを含みます。

この記事は次の人向け
  • ワイヤレスモバイルバッテリーを一つは持っておきたい
  • マグネット式のモバイルバッテリーが気になる

たたもんです。こんにちは。

スマートフォンの充電器で有名なAnker

今回そのAnkerのワイヤレスモバイルバッテリーを使用してみて感じたことをそのまま忖度なくレビューしていきます。

一つくらいワイヤレスのモバイルバッテリーを持っておこうかなあ…という人がいましたら是非参考にしてみてください。

  • Anker製品のMagGoシリーズで、マグネットでピタッとくっつくモバイルバッテリーです。
  • iPhone12miniで試しております。

>>Anker公式オンラインストアはこちら

目次

外観|スタンド付き

まずは外観から。

中身は特に目立った物は無くいたってシンプル。

梱包
  • モバイルバッテリー本体
  • Type-Cの充電ケーブル
  • 説明書
  • ちょっとした注意書き

本体側ですが右側のボタンを押すと左側のメモリランプがチカチカ点滅。

バッテリー残量
  • ランプ1つ 0%~25%
  • ランプ2つ   25%~50%
  • ランプ3つ 50%~75%
  • ランプ4つ 75%~100%

ランプの数でバッテリー容量を確認する事ができます。

中央部分にはType-Cの差し込み口がありますが、仮にiPhoneを充電する場合は充電ケーブルの片方がType-Cである事が必要。 

付属のType-Cの充電ケーブルは両方ともType-Cとなっております。

◯部分を引っぱるとスタンドのできあがり。

スマートフォンを写真の様に立てながら充電できる様になっており、こういった作りが使用時の自由度が増えて嬉しく感じますね。

仕様は次の通り

続いて仕様などを見ていきましょう。

主な使用
  • バッテリー容量 5000mAh
  • サイズ 約67mm×105mm×13mm
  • 重さ 約140g
  • 有線無線どちらも供給可能
    有線:最大12W
    無線:最大7.5W

一度ワイヤレス充電をしてみます。 


当方はiPhone12miniを使用しております。

スタンドを利用しワイヤレス充電をしてみると下部が約1cmほど浮きました。これはiPhone12mini自身のMagSafe部分の位置によってこうなる仕様です。

miniでなければちょうどよくなりそうですね。 

無事に充電中。

また、この製品はパススルー充電が可能となっております。

パススルー充電とは

モバイルバッテリーを充電しながら同時にそのモバイルバッテリーを使ってスマートフォンを充電すること。

感じたこと

  1. 重さは気にならない
  2. カバーを付けたままでもワイヤレス充電ができた
  3. ワイヤレス充電は時間がかかる?

重さは気にならない

重さについてですが、重いと感じる事はなく気にせず使用。

旅行や通勤時など、持ち運びに苦になると思う事はないです。

カバー付けたままでもワイヤレス充電ができた

最初このワイヤレスモバイルバッテリーを使った時、

マグネット弱!

…って思っておりましたが、先ほどの写真でもある様にカバーを付けたまま何も気づかず充電しておりました。

カバーを外せばピタッとしっかりとくっ付きます。

カバーは、


ちょっとどう表現したら良いのかわかりませんが、シリコンケースよりももう少し硬くした様な感じ。

カバーをしたまま充電ができる事が分かりました。

ただその場合は磁力がかなり弱くなるので気になる場合はリング等の対策が必要になります。

ワイヤレス充電は時間がかかる?

ワイヤレス充電の充電時間ですが仕様上の数値はiPhone13の場合だと約3時間で95%ほど充電される様ですね。

つまり有線に比べワイヤレスの場合では充電に時間がかかってしまいます。

実際当方所有のiPhone12mini(カバー装着時)で試してみました。

iPhone12miniをワイアレスで充電
  • 27%→91% 約1時間7分
  • モバイルバッテリー ランプ4つ→ランプ2つ

iPhone12miniはバッテリー容量が少ないせいなのか、それほど遅いとは感じませんでしたが…

一つの情報としてご参考までに。

また、遅いと感じたら有線で充電した方が早いと思いますのでケーブルの持参を。 


このモバイルバッテリーは従来のモバイルバッテリーの様にケーブルを使って充電もできるので特に問題ありません。

とはいえ万が一充電ケーブルがなくても充電できるのがワイヤレスモバイルバッテリーの最大のメリット。

気をつけたい事

  • 2台同時充電は不可(ケーブル側が優先)
  • 充電回数は機種によって1回分以下

残念ながら2台同時充電は不可となっております。

容量も5000mAhとなっているのであくまで自分一人用といったところでしょうか。

また、Anker調べではiPhone12Pro、13、13Pro、13ProMaxは充電回数が1回分を切る様です。
(おそらくiPhone14も同様かと思います。)

もっとモバイルバッテリーのバッテリー容量が必要、かつ、もう少し重くなっても良いのであれば10000mAhなどの大容量バッテリーを使用した方がいいでしょう。

最後に

今回はAnker製のワイヤレスモバイルバッテリーをレビューしてみました。

カラーはブラック、グリーン、ブルー、ホワイト、パープルの5色。

なぜブラックにしたの?

たたもん

ブラックフライデーではこの色しか安くなってなかったんだ


全くシャレではありません…

今回10000mAhではなく5000mAhを購入した理由は軽くて厚くないモバイルバッテリーが欲しかったからです。10000mAhになると厚みが2cmほどになる商品が多く重量も増えてしまいます。

でもこの商品は持ち運びも簡単でスタンドもあるのでとてもオススメです。


スマートフォンは今は生活の必需品になりつつあります。よってバッテリー切れは致命的。

モバイルバッテリーは一つは無いと不安になってしまいますね。

またワイアレス充電が進化してきているので、今回はワイヤレス充電が可能なモバイルバッテリーを試してみました。

結構良くて持っていると安心しますよ。

またワイヤレスモバイルバッテリーはAnker製以外にもたくさんありあす。

以下も参考にしてみてください。

たたもん

バッテリー切れには十分注意してね!

>>Anker公式オンラインストア

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
いつも応援ありがとうございます!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代既婚男。子供無しの夫婦2人+ワンコと仲良くのほほん田舎暮らし。そのせいか夫婦共によく都心へ行って田舎には無い刺激を求めております。

人見知り・不安症のせいか最初の一歩が出しづらい性格。一人の空間・夜景・ワンコ・ラーメン好き。

経験をもとに一人暮らし初心者向けおすすめ情報を発信中。一人暮らしの不安を少しでも解消させていくためのブログです。

コメント

コメントする

目次