MENU
スポンサーリンク

【夫婦別居】別居を賛成した理由は「今のうち」にやりたい事をさせるため

※当ブログはプロモーションを含みます。

この記事は次の人向け
  • 年齢を重ねていくとこのままでいいのかと不安になる人
  • ちょっとだけでもいいから環境を変えてみようと考えている人


たたもんです。 

じつは現在、妻と別居中(?)の筆者(たたもん)。子供はおりません。



でも、仲が悪いわけでなかはなく…

寧ろ仲は良い(笑)



そもそも「別居」という表現が正しいかどうかは置いといて、正確には妻が自ら選択した東京都心への単身赴任。

たたもん

今回何故妻との別々に暮らす事を賛成したのか、主観目線ではありますが軽く解説します

  • 「あの時ああすれば良かった」
  • 「こうしていればもっと変わっていたかもしれない…」


やりたい事をしないまま年を取った場合、動けなくなって初めて後悔するかもしれません。

そう思いたくない人がおりましたら、もしかしたら参考にできる部分があるかもしれません。

たたもん

気になる人は是非最後までお付き合いください

目次

別々に暮らす事を決めた妻ってどんな人?

上京した妻の紹介
  • 年齢50代
  • 籍を入れて20年以上共に生活
  • 子供はいない
  • 若い頃、東京での仕事経験あり
  • 一人暮らしの経験あり
  • 人が集まる所はエネルギーがあって好き
    ※お祭りやディズニーランドなど
  • 貯金は数十万円ほど

別々に暮らしたい理由
⬇︎
都心へ行って生活したいため

50代で上京って大変じゃない?

たたもん

そう思うよね、でも個人的には失敗したっていいと思っているよ

生活をするのでもちろん仕事をする予定の妻。都会の知り合いはちょこ~っといるくらいでほぼいない。

仕事は派遣社員でも何でもいいので探し中。

不安の中、そんな適当で大丈夫?


当然の疑問。

やりたい事を自由にやれば?


じゃあ何故別居を賛成?

いや実にシンプル、コレ。

年取って後でとやかく言うくらいだったら、今のうちにやりたいことやれば?



今から都心で生活することは正直非現実的な感じにも見える。

でも妻は全く不可能な事を言っているわけではない。



妻は今の田舎暮らしが合わないのかどこか疑問を感じており、少しでも環境を変えるため東京都心へ行くために色々と考えていた様子。

でも都心の家賃なんて高いし、失敗して全てお金が無駄になってしまう恐れも十分にある。



もちろん予算には限度があります。



でもその範囲内であればやりたいことを自由にやってみてもいいんじゃない?

あくまで自分の人生の一部として。

たたもん

実は筆者(たたもん)も都心が好きなので(悩んだけど)反対はせず

どのくらいの期間を都心で暮らす予定なのか?

【妻の目標】
半年~1年ほどの予定

個人的には1年もつかどうか疑問に思っているのはここだけの内緒(汗)


都心暮らしの条件
  • 賃貸部屋は1Kのマンション
  • 別居予算は初期費用含め100万円まで
    ※仕事をしなければ3ヶ月ほどで終了



1年の目標でもそれよりも早く終了する可能性も大いにあります。

あくまで生活の基盤ができている状態の目標なので正直何とも言えないところ。

ただ予算は賃貸の初期費用を含め100万円まで。

よってこのまま仕事をしなければ(単純計算で)たった3〜4ヶ月ほどで別居生活は終了する。

だ、大丈夫?

たたもん

もちろん可能な限りサポートもしていくよ


妻の希望として賃貸は例え1Kでもいいのでオートロックがあるマンションに住みたかったのでそこだけは変えずに選択。

別居するに当たり考えさせられた事や感じた事

今までにはない状況の中で心境に変化はあったの?

たたもん

まあ不安もあるけど考えさせられる事も多いよ

絶対に言ってはいけない事を決める

筆者(たたもん)としては、妻が何事もなく無事に生活ができればそれでいいんです。

妻は望んだ生活をするために都心に行く事を決意したので、妻自身が決めた事を尊重しているにすぎない。



よって最も気をつけなければいけない事は、別々に暮らすことを希望した妻に対し絶対にプレッシャーをかけない事。

やりたかった事とは言え妻も不安がないわけでない。

自ら決めた言ってはいけない言葉
  • 早く仕事しろ
  • こんなに無駄遣いするな
  • 考えて食費を削れ
  • 自分で決めたんだから責任持て
  • 問題はそっちで何とかしろ

などなど

当たり前ではありますが、当然妻はこんな事を言われなくても分かっているんです。

いちいちチクチクいう必要はなく、言ったところで返って逆効果。

それよりもやりたかった事を応援だね

たたもん

そう考えているよ

個人的に勉強になった事

勉強になった主な出来事
  • 賃貸借契約
  • 電気・ガス・水道の契約


子供がいない夫婦なので進学等の心配がないことから、今後賃貸借契約をする事が無いと思っておりました。

しかし今回初めての契約に。



ちなみに不動産仲介用者は…

…あの、え~と、離婚するわけでは…??

別居が前提なら不動産仲介業者もそう思うのは当然か…(汗)

しかも別居する理由が変わった理由なのでちょっと不思議がっておりましたが…(苦笑) 



上下水道や電気、ガスの契約も支払いもオンライン上でピッポッパッと終了。

こんなに簡単なのか!?というくらいで正直驚き。

たたもん

「初めて」は何事も良い刺激です

長年共にいた夫婦が別々に暮らすってどんな感じ?

別々に暮らす心境(たたもん目線)
  • 自分の生活環境は大して変化ないので特に何も思わない
  • 妻の健康状態のみが心配

筆者(たたもん)は生活環境が変わっていないので特に何も思いません。

たたもん

別に強がっているわけじゃないよ、ホント(笑)


個人的にあらゆるものにはメリット・デメリットがあるものだと考えております。

久しぶりに部屋の中が1人の空間。何も気にせず自由に過ごせるのは大きなメリット。

汚い床をワックス掛けしちゃいました。妻がいないのでタイミングも自分の都合だけで選べますね。



今は便利用品がたくさんあるのでご飯の用意だって何とかなるし、筆者(たたもん)も一人暮らしの経験があるので大して重荷にはならず。


ただ掃除洗濯はやっぱり妻がいた方が助かりますが…(汗)まあいい運動という事で。

妻はですが最初の1ヶ月は正直に言うとウザい…(困)
すごい頻度でラインがポキポキと…

自分で決めた割には当初ホームシック気味。

まあすぐに慣れた様子でした。まさに住めば都。

とにかく健康維持を最優先にして欲しいところ。

アメリカ調査➡︎90歳以上の90%以上の人が後悔した事とは?


最近ちょくちょく耳に入ってくることではありますが、アメリカの調査ではある事実が分かったそうです。

アメリカが行った調査
  • 90歳以上の90%以上の人は「もっと冒険しておけばよかった」と回答

これは後悔している事を尋ねたアンケートですが、「冒険」が足りなかったのが異様に多い結果に。



要は…

  • 思い立ったら動けるうちにはよ動け!
  • 動かないと動けなくなった時に後悔するぞ!

って事かな?



妻にとっての現在したかった「冒険」は以下の通り。

  • 都心で生活を維持
  • 年齢なんて関係ない
  • もちろん仕事もする
  • 予算減少・知り合いほぼいない不安の中でも挑戦したい

東京都心の環境が大好きならどうぞ。

さっきも言いましたが全く不可能な事を言っているわけではない。

もし別居が早くに終了(失敗)してもまた今度お金貯めて再び頑張ってみればいい。



このアンケート結果を知ったのは妻とは既に別居生活をした後です。

たまたま今の状況と接している様な情報が入ってきたのでちょっと驚き。

  • 別居生活には予算が必要
  • しかし失敗してもお金が減るだけで他に問題はない
  • やりたい事があれば今のうちにさっさと動け

最後に


今回は長年共に生活をしてきた妻と何故別居を賛成したのか、主観的に解説させていただきました。

正しいとか間違いとかではなく、純粋に「やりたい事をやればいい」という考えの元に別々に暮らす事を賛成しただけです。

もちろんたまには妻の部屋へ遊びに行くこともあります。やっぱり都心の雰囲気は田舎と違って良い刺激に。

たたもん

今は都心生活継続中の妻ですが、どこまでやれるのか見守っていきます


今回はちょっと無理矢理な記事でした(汗)

でも行動しようか迷っている人に対して背中を押す事ができれば幸いです。

決めた範囲内で、かつ、やりたかった事を自由にやってみるのは、後悔を少しでも防止できる人生の「冒険」の一つになるのではないでしょうか。

関連記事】
別々に暮らす過程で色々とやってみた事も記事にしているので気になる人は参考にしてみてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
いつも応援ありがとうございます!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代既婚男。子供無しの夫婦2人+ワンコと仲良くのほほん田舎暮らし。そのせいか夫婦共によく都心へ行って田舎には無い刺激を求めております。

人見知り・不安症のせいか最初の一歩が出しづらい性格。一人の空間・夜景・ワンコ・ラーメン好き。

経験をもとに一人暮らし初心者向けおすすめ情報を発信中。一人暮らしの不安を少しでも解消させていくためのブログです。

コメント

コメントする

目次