MENU
スポンサーリンク

【東京一人暮らし】賃貸物件の内見をしたい場合の流れ・会話内容について解説【初心者用】

※当ブログはプロモーションを含みます。

この記事は次の人向け
  • 賃貸物件について不動産仲介業者から説明を受けたいけど初めてで超不安
  • 内見をするまでに、どのような流れ・会話をしたのか知りたい



たたもんです。こんにちは! 

生活の基盤を変えるため賃貸物件を契約する場合があります。

まずは部屋を内見(内部見学)をして自分の好きな物件なのか見ておく事をおススメしますが、そのためにはまず不動産仲介業者と会わないといけませんね。

初めてだからどんなことを聞かれるのか不安…



そこで今回、内見をするまで(契約前)不動産仲介業者とどのようなやり取りをしたのか細かく解説。

内見を希望している人はちょっとだけでも参考にしてみてください。

この記事について

  • 部屋を内見する場合の流れ・会話についての記事です。
  • 不動産仲介業者と会うことに不安がある人向けです。
  • 実体験をもとに解説しております。
  • 不動産仲介業者によって異なる場合があります。
たたもん

早速見ていきましょう

目次

内見までの主な流れ

内見までの流れ

HPで見た物件についてメールで聞いてみる
⬇︎
内見の希望を伝える
⬇︎
いつ来店するか予約
⬇︎
お店に行く
⬇︎
業者さんと物件について詳しい情報を聞く
⬇︎
内見へ



中にはお店に行かなくても現地で待ち合わせという不動産仲介業者もおります。

今回は不動産仲介業者と詳しく話をしたかったのでお店に出向いております。

まずはメールで予約を入れる

内見の前に何をメールで聞いたの?

たたもん

初期費用は大まかにいくらなのか質問したよ


最初のメールでのおおまかな流れは次の通り

メールの流れ

初期費用ってどのくらい?か質問
⬇︎
すぐにメールが届き初期費用を確認
⬇︎
「内見もできるお部屋です」との事
⬇︎
予約を入れる



他にHPで見た情報から気になる部屋があれば聞いておきたいとのこと。

担当者がその場でパンフを用意する手間が省けます。

たたもん

分かっているのであれば予め伝えておいた方がいいです

予約ってした方がいいの?

閑散期(6~8月頃)は直接出向いても対応できることが多いようですが、繁忙期(1~3月頃)は予約を入れないと対応が厳しい様子。

また9~10月は転勤する人が多い傾向なので場合によっては忙しいとのこと。

ちなみ繁忙期に向けに11月頃からじわじわとお店に来店する客が増えてくるようです。

たたもん

できれば予約して出向いた方が安心かと思います

軽くチェック

閑散期繁忙期
部屋の競争率が低い

部屋が空きづらい
部屋の競争率が激しい
部屋が空きやすい

来店した時の印象・会話について

来店時の流れ

お店に来店
⬇︎
担当者と顔合わせ
⬇︎
内見したい部屋について説明を受ける



指定された席に座ると担当者と話をする前に住所、名前、連絡先などを記載。

最初の会話⬇︎

  • 今回どのような部屋を希望なのか?
  • 賃貸をする目的(就職・進学等)は何か?

…などを聞かれます。

対応に何か不安はあった?

たたもん

いや、超話しやすかったよ(笑)


業者の中にはいるのかもしれませんが、ネットで確認すると「対応が最悪」「投げやりでこちらの希望をろくに聞かない」などの意見もちらほらありましたが…

ネット上には悪い意見が少なくともありますが、こういうのを見ると恐怖に感じてしまうこともありますね。



ただ、今回担当者との会話は予想以上に「普通」でした。

おそらくこちらの希望・性格・不安要素・何に重点を置いているかなど、少しでも汲み取って理解しようとしているような気もします。

内見に向け、部屋のパンフを渡される

内見をしたい部屋のパンフをもらい、どのような特長があるのか説明を受けます。

HP上の情報とほぼ同じでした。

また先ほど来店時に話した「どのような部屋を希望なのか」から、希望に合うような他の部屋のパンフを印刷して持ってきてくれます。

見ても意味がよく分からない部分があるのだけど…

たたもん

今のうちにガンガン質問した方がいいよ!

曖昧な点は後になって引きずる可能性あり。

疑問に思うのであれば今この場で聞いた方が絶対に良い。

内見へ

HPに記載されている部屋や、来店してパンフを閲覧する部屋の中には、

〇月〇日退去予定

…という部屋があります。

この部屋にはまだ入居者がいるので今すぐ内見をすることはできません。

たたもん

ネットに載っている部屋は全部内見できるわけではないでの注意です


入居者が退去した後にすぐに部屋を内見したい場合は早めに予約を入れた方が無難。

そしてこの後内見ができる部屋を担当者と一緒に部屋まで行きます。

思う存分部屋の内部を見ておきましょう!

たたもん

一番ワクワクします!


もちろん賃貸希望の部屋をこの場で決めてもいいし、家に持ち帰り検討してもOK。

でも早く決めないと他の人に取られちゃうから要注意です。

「先行申込」と「先行契約」を知っておこう



賃貸借契約は所詮早い者勝ちルール!

「検討するからちょっと待って!」よりも「今この場で契約する!」の方が優先になる確率が上がります。

通常の契約までの流れ

まず部屋を内見
⬇︎
入居申込
⬇︎
審査開始
⬇︎
承認後契約へ

たたもん

賃貸物件の契約には他のルールもあるようです


先行申込先行契約というものがありますがここで簡単に解説。

先行申込とは?

【先行申込】
内見する前に審査をして、嫌ならキャンセルが可能な申し込みの事

先行申込の流れ

入居申込
⬇︎
入居審査
⬇︎
承認後内見
⬇︎
契約orキャンセル

順序が違うね。どういう場合に使うものなの?

たたもん

現在入居者いる場合など、内見ができない時に使う方法なんだ

メリットデメリット
キャンセル料が無い
リスクが少ない
賃貸人との関係が悪化する場合アリ



今はネットに部屋の内部が見られるようになっているものがほとんど。

でも審査後に実際に内見をしてみると、イメージと違う場合は無料でキャンセルする事も可能です。



ただし、「誰かに取られたくないから取り合えず先行申込をした」という理由であると、審査をした賃貸人側から見ると信頼を裏切ることに繋がるのでその点は要注意。

たたもん

HPから間取りや写真をよ~く見てから決めてください

先行契約とは?

【先行契約】
内見をせずにいきなり契約を結ぶ申し込みの事

先行契約の流れ

決定意思のみ
(HPの情報等だけで内見せずにいきなり契約)

実際に部屋まで足を運ばず決めちゃうの?

たたもん

その通り

メリットデメリット
人気の物件をすぐに押さえる事ができる
先行申込者よりも優先される場合がある
キャンセル料がかかる
リスクが高い

この先行契約を契約する人はかなり下調べができており、とにかく空くのを待っている人のイメージがあります。

たたもん

聞くところによると繁忙期になると見られるようです


確かにいざ部屋が取れないと大変ですからね(汗)

【飛ばしてOK】メール時・面談時どんな話をしたのか?

担当者とは他にどんな話をしたの?

たたもん

まあその時に気になった事を聞いただけだよ

最初は不安ばかりでしたが、少しずつ慣れてくると質問もしやすくなってきますね。

担当者の方も客が好みでは無い部屋を紹介したく無いので、どんどん質問して欲しいと言われます。



疑問なことを一部ではありますが一覧にしてみました。

お店にペットを抱いて来店してもいいですか?

「大丈夫です。」

内見ではペットと一緒に見ることができますか?

「床に放さず抱いていただく状態であれば大丈夫です。」

お風呂の壁はマグネットがくっつきますか?

「今マグネットを持ち合わせていないので、後でメールを写真付きで送ります。」

運送業者を指定されている部屋があるが、家具等は現地で揃えようと思っているのだけど?

「引越しをする必要がなくても運送業者を利用することが条件なので、この部屋は避けた方がいいです(苦笑)」

この物件は近所同士揉め事がありますか?

「今のところその様な問題が起きた話を聞いたことがありません。」

引っ越したらお隣さんに挨拶をした方がいいですか?

「こちらではその様な事をしなくても大丈夫かと思います。」

ひょっとして訳あり物件?

「大丈夫です(笑)」

※心配な方は大島てるで検索を。

部屋を決めた後の審査の期間はどのくらいですか?

「1週間ほどのお時間をいただきます。」

部屋に入れるまで最短でどのくらいの期間が空きますか?

「今から審査期間を入れて約3週間ほどかかると思います。」

退去時、ペット消毒等の費用が100,000円の物件!?

「中にはそういう物件もありますが……しかしこれは…高すぎだな…(驚)」

敷金の償却ってなんですか?

「敷金が返ってこないという意味です。」

インターネット無料ってルーターを差し込めばすぐに使えるんですか?

「その通りです。契約不要で楽です(笑)」

世間話もしたの?

たたもん

結構したよ

何年くらいここで働いているの?だとか、変わった客はいた?など、関係ない話も多かった気がします(笑)

よって変な緊張もどんどん薄れていきました。

担当者の性格なのか対人スキルは素晴らしかったです。

紹介される物件はHPに掲載している部屋がほとんど



HPにある賃貸物件。

HP以外にも不動産仲介業者はたくさんの物件の情報を持っているんじゃ無い???

…と期待込めて来店すると…

紹介される物件はほぼHPの情報ばかりでした。

たたもん

想像と違ってちょっと意外でした



賃貸人は部屋を空けたく無いのでしっかりとHPに掲載して契約を待っているんだなあ~…

とそんな印象を受けました。



ただ、HPには無い物件もあります!今回そこに内見に行ったわけですが、理由を聞くと…

オーナー(賃貸人)の意向で載せない様にしております。


まあ色々と理由がありそうです。

たたもん

ネットに掲載されている物件以外にも実はいっぱいあるのではないかとちょっと疑っておりました(汗)


来店して実際に聞いてみる事で分かった事です。

最後に



今回、初めて賃貸物件の内見をする人向けに不動産仲介業者との間でどのような過程を踏むのか、会話内容などをできる限り簡潔に解説させていただきました。

店内を見渡すと他にもお客さんがおり、中にはかなり時間を費やしながら担当者と相談している人もおります。

安くはないお金をかけるのでみんな真剣!



賃貸物件を契約するためにまずは内見をしたい人がほとんどかと思いますが、最初は当然不安がつきものです。

不動産仲介業者をどのように選ぶのかは正直難しいところですが、参考にした事を紹介させていただくと…

不動産仲介業者の選択を参考にした事
  • 口コミが多いか
  • 会社のHPがあるか

この2点のみ。



初めては不安ですが、この記事を通し少しでもその不安が払拭できればうれしいです。

たたもん

ちょっとだけでも参考にしてみてください

【初心者向け】ブログの始め方完全ガイド!立ち上げから収入を得る方法まで
初心者のためのブログ始め方講座


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
いつも応援ありがとうございます!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代既婚男。子供無しの夫婦2人+ワンコと仲良くのほほん田舎暮らし。そのせいか夫婦共によく都心へ行って田舎には無い刺激を求めております。

人見知り・不安症のせいか最初の一歩が出しづらい性格。一人の空間・夜景・ワンコ・ラーメン好き。

経験をもとに一人暮らし初心者向けおすすめ情報を発信中。一人暮らしの不安を少しでも解消させていくためのブログです。

コメント

コメントする

目次