【初めての一人暮らし】予行練習って何をしたらいいの?|小さな「できた!」の積み重ねを

【初めての一人暮らし】予行練習って何をしたらいいの?小さな「できた!の積み重ねを

※当ブログはプロモーションを含みます。

この記事は次の人向け
  • 一人暮らしができている今後のビジョンが浮かんでこない
  • 知らない事が多すぎて何から手を付けていいのか分からない



たたもんです。

これから初めて一人暮らしするけど予行練習ってした方がいいのかなあ…
でも何からやれば…???


こう思う人はおそらく次の事を思っておりません?

  • 初めての事だから心配・不安・恐怖感でいっぱい
  • 一人行動が苦手だったから自分だけで暮らせる自信が無い


まず最初に行っておきたいことは、初めての事は不安があって当たり前。

だって何にも分からないんだぜ~!それが「初めて」ってモンですわ~

一人暮らしが不安で予行練習したいと考えている人、まずは軽~い気持ちで読んでくださいませ。

この記事には持論が含まれております

目次

予行練習はしないよりした方がマシ

不安のキャラクター


一人暮らしに限らず不安と感じている人は予行練習するってとても大切なことですよ。

少しでも不安要素を払拭しておこうと考えているのですからね。ホント見習いたいくらい(笑)


これからの一人暮らしを異様に不安視している人はまず、

  • たった一人で行動してみる
  • たった一人で家から出てみる

これからやっていきましょ!

は??

一人でコンビニ行くことあるし、一人で登校・通勤しとる!そんなの今だって毎日やっとるわ!!

なぜ初めての一人暮らしが不安と感じるのか

ではなぜ毎日それが今は自然にできているのでしょう?

毎日同じ部屋で起床、いつものように登校・出勤して、当たり前の様に食事があって、今まで通りに風呂でゆったりして、安心してベッドで寝る。

想像するオッサン

一人暮らしになってもこれらと同じことを繰り返していくだけですよ?

じゃあなぜ不安?

見知らぬ場所に行き、初めての部屋に住み、全く慣れていない学校・会社に行って、知らない家事をして、これらを自分一人でする。

一人暮らしの三大不安要素
  • 「初めて」
  • 「全く慣れていない」
  • 「知らない」

これらをいきなり全部一人でやっていこうとすれば、そりゃ誰だって不安になりますよ。

でも毎日繰り返すことで不思議といつの間にか自然とやり遂げているんです。

「初めて」「全く慣れていない」「知らない」などの要素が大量にのしかかるから不安になってしまう

予行練習に完璧を求めなくてOK

まずは何をどう予行練習したらいいのか具体的に考えてみましょう。

簡単な例として「食事」を考えてみます。

自分一人だけでご飯を作って食べていけるかどうか不安

じゃあ今ここで早速一人で作ってみよう


ご飯の炊き方も目玉焼きやウインナーの焼き方も「初めて」「全く慣れていない」「知らない」から不安。

料理をするオッサン

でも完璧を求める必要は一切ありません。

最低限生活ができる食事が食べられればまずはそれで十分OK!もう生きていけます。

自分に必要であればあとは一人暮らし中にたくさん実践(戦)していくことになるので嫌でも覚えます。

「実戦に勝る修業はない」
※幽遊白書 軀より


いや、ちょっと違うか…自然と身についているっていう方が正しいか??

今まで当たり前に生活していた時と同じようにね。


な~んだ!こうすれば食べていけるじゃん!と何となく分かったらもうOK!

このように小さな「初めてできた!」の積み重ねが自信に繋がっていきます。

今まで「やったことのない事」をしてみよう

考えるキャラクター

「初めて」
「全く慣れていない」
「知らない」
⬇︎
「2回目」
「ちょっと慣れた」
「聞いたことある」

…に代わるとどうなります?

最初は「ドキドキ緊張」から次は「ああ~…何だ、それかぁ~」になってきません?

そう、一度「初めて」等をクリアしてしまうと不安が薄まってくるんです。

よって予行練習は今までやったことのない事を一人でやってみましょう。

パフェ食べるオッサン


でもちょい待ち!全く深く考えなくてOK~


一人暮らしで必要なことに絞って考えると、例えば家事に注目してみます。

掃除、洗濯、自炊、買物などなど。

これって今の家の中でもすぐできますよね?そして分からない事があれば家族にすぐに相談できますよね?


大切なことは、

「初めて」
「全く慣れていない」
「知らない」
⬇︎
「2回目」
「ちょっと慣れた」
「聞いたことある」

というように不安を薄める事です。


そしてどんなに小さい事でも「できた!」を超喜んでください!

もう一度言います。小さなできた!を超喜んで~!

喜ぶオッサン


洗濯機のスタートボタンを押せたこと、食器を洗えたこと、コロコロのシールが綺麗にはがれたこと、初めての事なら何でもいいです。

意外と自分でもできるんじゃね?

その気持ちが現れてきたらもう不安から少しずつ遠ざかってます。

一人「旅」をしてみよう

電車自動改札口


今までの例は家の中。すなわち第三者の目に触れないパターンでしたね。

ここではちょこっと難易度上げます。

  • たった一人で行動してみる
  • たった一人で家から出てみる

冒頭にも記載しましたが、ちょっと一人で出かけてみない?

一人「旅」です。

勘違いしてほしくないのですがここで言う一人「旅」とは「泊りで旅行に行け」とか、「ヒッチハイクで日本一周しろ」という意味ではないですよ。

一人「旅」の「旅」は(一人だけで)出かけてみよう…という意味です。

はい、どこに行っても何してもいいです。

一人「旅」の目的を設定しよう

初めての場所に行くのが不安な場合は、友達や家族と行ったことがある場所でもいいので一人で行ってみるのがオススメ。

まずは自分の意思で「ここに行く!!」と決定すること。

海行きたいオッサン

一人暮らしになると朝の起床時間はもちろん、何を食べ何を買うべきかも自分の考えで決定します。

部屋に帰ったら自動でご飯が作ってあるわけではありませんからね。


…の前に一つ。目的(好奇心)があった方がいいですよ、その方が行動力倍増しますので。


例えば…

  • 近くの書店ではなく隣町の書店まで電車を利用して本を買いに行こう
  • スタバの新作を飲みたいからわざわざ遠い駅地下へ行こう
  • 推しのポスターを専門店まで見に行こう


ちょっとズレますが、「見たい」「欲しい」「知りたい」などの好奇心がある人はぶっちゃけもう問題ないのかなあ~?と思います。

「初めて」だろうが、「全く慣れていない」だろうが、「知らない」だろうがじっとしていないんですよ、こういう人は(笑)


…話を戻します(汗)

一人で自然に行動できたら範囲を徐々に広げてみてください。

そしてここでも小さな「できた!」を素直に喜んでください!

今まで一人で行動してこなかった人へ

一人暮らしが不安と思う人の中には今まであまり一人で行動してこなかった人が多くおります。

常に友達と一緒に行動したり、家族とよく出かけたり。


自分一人だけで行動することが少なく、友達や家族の後を付いて行っただけの人が結構多いんですよ。

探検家

その方が間違えずに済みそうだし、安心して目的地に向かえますからね。


「初めて」を「一人だけでする」ってホント不安なんです、神経が痛いくらい(汗)

一人暮らしをすると一人暮らしをする前に比べて自分で決めて、自分の考えで行動しなければならない機会が増えてきます。

よって予行練習は、焦らず無理せず小さな「できた!」を少しずつ体に染み込ませていきましょ!

一人暮らしの情報はコミュニケーションの1つとなる

コミュニケーションをとるキャラクター


ここでは予行練習について話しているので、一人暮らしをした後の「寂しさ」についての話題はぶっちゃけ控えております。

寂しいときは、友達作りが上手くいくと不安な気持ちが一気に解放されるのですが…

友達作りの予行練習って相手が人なだけに「この方法がイイよ」って中々言えないんですね…(悲)


ただ一つヒント。

進学でも就職でも初対面で話す場合の共通の話題をどうしようか悩む人は、一人暮らしネタって結構共通話題になる場合が多いんですよ。

会話しているオッサン

他には生活の知恵を話したりね。


進学時は初めて一人暮らしをする人も多いから意外と知らない情報があったり、就職時になると一人暮らし経験済みの人も多くなるから失敗談とか結構オモロかったり(笑)

もちろん「俺初めてなんだ~」と自分から言えば、経験者からたくさんの良い情報を貰えるし共通の話題になる可能性が大きいので会話も弾みやすいですよ。


当然に予行練習も話題になります。

「初めて」「全く慣れていない」「知らない」事から何をしてきたのか、話のネタにしちゃいましょ!


他人の「初めて」って自分の想像をはるかに超えるものがあったりするんです(笑)

かなり刺激的で面白い!参考になったりもするんですよ。

最後に

一人暮らしを始める男性


筆者(たたもん)は過去に一人暮らしの予行練習として電車で片道6時間かけ、一人だけで1泊2日の旅へ行ったことがあります。

当時はスマホなんて無い時代。バイトで稼いだ5万を握りしめ、知らない地でホテルも現地で決めるという超高ハードル。

結果としてめちゃくちゃ大恥をかいて帰ってきたわけですが、予行練習とは程遠いワケ分からん経験になりました…


…と当時はそう思っておりました。


でも初めて一人で電車、バスに乗れた!初めて一人でチェックインした!初めて一人で知らない人に質問できた!などなど、

後になって「少しは予行練習になったんだなあ~」…と分かってきました。

まあ一人暮らしの予行練習にここまでする必要はありませんけどね~(笑)


一人暮らしとは、たくさんの人が実践(戦)し、経験を積んで、通ってきた道があります。

嬉しいオッサン

あなただけが「初めて」「全く慣れていない」「知らない」…だから前に進む事ができない…

筆者(たたもん)はそんな事は断じて無いと信じながらこの記事を書いております。

小さな「初めてできた!」の積み重ねは、いつの間にか当たり前の「習慣」に代わるように。

たたもん

初めて一人暮らしをする人を心から応援しております!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ一人暮らしランキング
いつも応援ありがとうございます!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代既婚男。子供無しの夫婦2人+ワンコと仲良くのほほん暮らし。
現在は妻が単身赴任中で別居。久しぶりに独身生活を満喫中〜

人見知り・不安症のせいか最初の一歩が出しづらい性格。一人の空間・夜景・ワンコ・ラーメン好き。

経験をもとに一人暮らし初心者向けおすすめ情報を発信中。一人暮らしの不安を少しでも解消させていくためのブログです。

コメント

コメントする

目次